カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
全商品 送料無料代引き手数料無料・消費税据置き (一部商品除く)
はじめてご利用の方に本日からすぐに使える 500ポイント(1ポイント1円換算。表示価格よりさらに割引・即日還元)適用


法華経写経とその荘厳 

須藤弘敏 著 A5判上製函入・カラー口絵8頁・本文292頁・挿図115点 価格/12,960 円(税込) ISBN978-4-8055-0740-7

法華経写経とその荘厳 

価格:

12,960円 (本体 12,000円)

[ポイント還元 648ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

仏教信仰の根幹をなす写経に施された装飾について、とくに平安時代に描かれた法華経写経の見返絵を軸に視点を広く東アジア全体に広げ、なぜ日本は強い規範性をもっていた大陸の写経版経装飾から離れ、独自の形式を展開させたのか、その意義を明らかにする。 多くの図版に加え、経絵研究にとって重要な基礎データとなる「平安時代金字写経記録(324件)」と、東アジアの写経237件を一覧した「写経紙高法量表」を付表として収録する。 國華賞受賞論文を含む、永年にわたる研究成果の公刊。

目次 第1章 再論・写経と荘厳―東アジアにおける日本写経荘厳の特質 第2章 平安時代の定型経巻見返絵について 第3章 古代東アジアの経絵―延暦寺蔵紺紙銀字法華経をめぐって 第4章 転写と伝承―延暦寺銀字本・仁和寺本系紺紙法華経について 第5章 経絵に映る宋と日本 第6章 一字蓮台法華経勧発品見返絵について 第7章 荘厳と寓意―流水片輪車蒔絵螺鈿経箱をめぐって 著者紹介 須藤弘敏[スドウヒロトシ] 1954年青森県弘前市生まれ。1976年東北大学文学部卒業。1978年東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。東北大学助手。1982年弘前大学講師。1985年弘前大学助教授。

ページトップへ